御法要の御案内

  • Home
  •   »  御法要の御案内

〜想いをそばに 心をここに〜

普段から寺院と付き合いのない方が多くなっております。
宗派を問わず年会法要をお受けいたします。

新しい時代に合わせ、定額のお布施でみなさまに御安心いただきたき亡き人を偲ぶご縁の場にしていただきたいと願っております。

法事・法要はもちろん、お斎(法要後の会食)などどなた様でもご利用いただけます。

光蓮寺の出張葬儀 法要

菩提寺がないかた、お寺とご縁がないかた、ご安心ください。
出張葬儀対応致します。

ご連絡頂ければ出張葬儀 法要としてご自宅、セレモニーホールなどに伺い読経させていただきます。

お葬式には亡くなられた方の人生、生き抜いてきたことへのご遺族の願いが託されています。

心を込め心に残る儀式をいたします。

仏前結婚式

仏前結婚式 人生の新しい門出を飾る結婚式。

報恩感謝の生活を築く第一歩として、仏祖の前で「仏前結婚式」をお勧めします。

初参式

ご家庭に生まれた赤ちゃんが初めてお寺にお参りする“初参式”。

尊いご縁によって恵まれた新しいいのちを阿弥陀如来さまの御前にて、ご家族、また縁ある方々そろってお祝いし、感謝するお式です。

239  いまさらながら、南無阿弥陀仏とは不思議な言葉だ。阿弥陀が凡夫を救うという願いが名号の言葉の行為によって、アミダの願いと凡夫の幸せという救済が一つの言葉に実現して一人の人間を救う縁として聞名されることによって完全に実現しているのだ。

    アーメンもアッラーもそうかもしれないが、これほど完全無欠な真理の実現の自然な道理は人間にとって、ほかにはあるまいと思う。

 

240  法蔵菩薩の第20の本願「果遂の誓い」自力意識を離れられない私をいつまでも真実の念仏世界に帰らせる力に任せよということだが。これは、阿弥陀様の私に対する強烈で美しくもある純粋執着である。無我の世界に帰るしかない私を、自我意識にとどまろうとする私を切り離し、真実の自由な世界に帰らせようとする吸引力の表現である。

 

241  仏の計らいによって

    己(おのれ)から

    自らに

    ここに在ることを

    真実のアミダ仏の自由意思によるものを

本当の自己という

 

242  身も心もサイフも軽く

    それができない私

 

243  これだけ愚痴を言い、

    人を批判し続ける私を

    いつまでもあきらめない  

    阿弥陀様は可哀そう

 

244  世の中に踊らされて70年

    この先も同じことだと知らされた

    そんな踊らす世の中から

    踊らされない世界を見つけることができるのだから

    踊らす世界と私のウソッパチもまんざらじゃない

    ナンマンダブツナンマンダ

    

245  希望を打ち砕く最善の方法は

小さな希望を抱かせることだ

 

246  便利だと高くつく

    不便だと安い

    ホント?

 

247  阿弥陀様は行動する仏教のはしりだ。

 

248  人生は遠足だ。罪業のリュックを背負って、魂の故郷へ帰る一里塚だ

 

249  お金で買えない自由が本当の自由だと気が付くまではお金が必要だ。

 

250  自由とヒマとは違う。本当の自由とは、子供が何もないところでも喜んで遊んでいるように、どこでも生きてゆける人になることだ。

暇とは、世の中に踊らされて真の自由を求めるキッカケだ。 

お問い合わせ